So-net無料ブログ作成

her/世界でひとつの彼女 [映画 は行]

◆ her/世界でひとつの彼女 を観ました。
2014/6/28(土)公開
20140628_her_01.jpg


 「マルコヴィッチの穴」「かいじゅうたちのいるところ」のスパイク・ジョーンズ監督が「ザ・マスター」のホアキン・フェニックスを主演に迎えて贈る異色ラブ・ストーリー。コンピュータがさらなる進化を遂げた近未来を舞台に、傷心の作家が女性の人格を有した人工知能(AI)型オペレーティング・システム(OS)と心を通わせ、本気で恋に落ちていく切なくも愛おしい姿を描く。共演はエイミー・アダムス、ルーニー・マーラ、オリヴィア・ワイルド。そして主人公が恋に落ちるAI“サマンサ”の声を務めたスカーレット・ヨハンソンは、ローマ国際映画祭において、声だけの出演で史上初となる最優秀女優賞に輝いた。  そう遠くない未来のロサンゼルス。他人に代わってその相手への想いを手紙に綴る“代筆ライター”のセオドア。仕事は順調だったが、その一方で離婚調停中の妻キャサリンとの思い出を、別れて1年経った今も断ち切れないでいた。そんなある日、最新式のAI型OS“OS1”の広告を目にしたセオドアはさっそく自宅のPCに取り込むことに。すると起動した画面の奥から聞こえたのは、“サマンサ”と名乗る女性の声。それは無機質で事務的なAIとは思えないほどユーモラスかつセクシーで、バイタリティーに満ち溢れる人間のようだった。サマンサをすぐに気に入ったセオドアは携帯端末にも彼女をインストール。こうして常に一緒のふたりは新鮮で刺激的な日々を過ごし、いつしか恋に落ちていく。そしてついに、セオドアはキャサリンとの離婚届に判を押そうと決意。しかし、再会した彼女の前でAIとの交際を打ち明けたことをきっかけに、セオドアとサマンサそれぞれの想いがすれ違い、ふたりの関係に異変が生じていく…。
≪ all cinema online より ≫


最近、いろんな映画に出っ放しのスカーレット・ヨハンソン。 コレでは声だけの出演で姿は出ず...。
元々はこの声の出演はサマンサ・モートンだったけれど、ポスト・プロダクションでスカーレット・ヨハンソンに変わったとか.... だから、このOSのキャラの名前がサマンサなんですかね... もっとも、スカーレットという名前だったら、ちょっとイメージ違っちゃう気がしなくもないのでサマンサで良かったと思う。

【鑑賞日:2014年7月2日(水)】


ちょっと変わったラブ・ストーリーだけれど、”彼女”の方はA.I.なのでヒトとは異なる部分もあって......
核心なので書けないけれど、まぁ、やっぱりちょっとね.....

面白かったけれど、数々の疑問点が.....
手紙の代筆屋という主人公の職業設定が理解できない。 
赤の他人が書いた感動的文面を貰って(送って)何か嬉しいか???  
十年・二十年と固定客状態で個人史や手紙の相手とのアレコレをいろいろ知っていようとも本人の心から出たものではないのに....。 受け取る側はそうとは知らんのかも知れないけれど、コレって不誠実だとアメリカ人は感じないのか???

・・・それは脇に置いといても......
なんでも口に出して「意見交換」するアメリカ人の国民性に根差した映画だと思う。思っていても口にしない寡黙な日本人の男としては「こいつらなんで、なんでもかんでもさらけ出して喋ってるの?恥ずかしくないの?どっかおかしいんじゃないの??」と、どこかで違和感を感じながら見ているところがあって、主人公を含む登場人物を理解はするが共感はしないところがあった。
非常に感性的な気がして、コレは男性・女性で評価がだいぶ別れそうな気がする....
決してつまらんとも思っていないし、見て損したとも思っていない。ラブ・ストーリーは好きなので、そういう映画としては面白いと思う。
スカーレット・ヨハンソンは声でしか出ないでこれだけの印象を残すのはスゴイし、ホアキン・フェニックスも名優だと思うし、ルーニー・マーラーも巧いし、エイミー・アダムスももう40だと思うけれど相変わらずかわいく魅力的....(お、やっぱり好みの話になってる....)。
観て良かったし、いい映画ではあるし、いろいろなことを感じられて面白いけどね。





【映画ノベライズ】her/世界でひとつの彼女 (宝島社文庫)

【映画ノベライズ】her/世界でひとつの彼女 (宝島社文庫)

  • 作者: 佐野 晶
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2014/05/22
  • メディア: 文庫


















nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0