So-net無料ブログ作成
検索選択
映画 は行 ブログトップ
前の10件 | -

ベイビー・ドライバー [映画 は行]

◆ ベイビー・ドライバー 
2017/8/19(土)公開
20170822_babydriver_01.jpg

 「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」のエドガー・ライト監督が、ギャングに雇われ、“逃がし屋”として働く天才ドライバーの青年ベイビーの活躍を描く痛快クライム・カー・アクション。リアルかつ華麗なカー・アクションに加え、主人公が絶えず聴いているiPodの曲がBGMとなり、そのビートに合わせて全てのアクションが展開していく斬新な演出も話題に。主演は「ダイバージェント」「きっと、星のせいじゃない。」のアンセル・エルゴート、共演にケヴィン・スペイシー、リリー・ジェームズ、ジョン・ハム、ジェイミー・フォックス。
 天才的なドライビング・テクニックを買われ、ギャングのボス、ドクの下で“逃がし屋”として働く青年ベイビー。幼い頃の事故で両親を亡くし、自身もその後遺症で耳鳴りに悩まされている。そのためiPodが手放せず、常にお気に入りのプレイリストを聴き続けていた。すぐにキレる狂暴なバッツはじめコワモテの連中を乗せても顔色一つ変えず、クールにハンドルを握るベイビーは、音楽を聴くことで集中力が研ぎ澄まされ、誰にも止められないクレイジーなドライバーへと変貌するのだった。そんなベイビーが、ウェイトレスのデボラと出会い、恋に落ちる。そして彼女のために、この世界から足を洗おうと決意するベイビーだったが…。
≪ all cinema online より ≫


【鑑賞日:2017年8月22日(火)】

映画「ベイビー・ドライバー」を観てきた。
冒頭のカーアクションで掴みはバッチリ....  なかなか面白かった。 

(続きを見る)


nice!(10)  コメント(2) 

ビニー/信じる男 [映画 は行]

◆ ビニー/信じる男 
2017/7/21(金)公開
20170721_BleedforThis_01.JPG

 「セッション」のマイルズ・テラーが、交通事故で選手生命の危機に直面しながらも不屈の闘志で奇跡のカムバックを果たした伝説のボクサー、ビニー・パジェンサを演じるボクシング伝記ドラマ。共演はアーロン・エッカート。監督は「マネー・ゲーム」のベン・ヤンガー。
 スーパーライト級チャンピオンのロジャー・メイウェザーに完敗を喫し、プロモーターからも引退勧告されたビニー・パジェンサ。これを機に、飲んだくれだが名伯楽の呼び声高いケビン・ルーニーをトレーナーに迎える。そしてみごと世界ジュニアミドル級タイトルを獲得する。だがその直後、正面衝突事故に遭い、首の骨を折る重傷を負ってしまう。再び歩けるようになるかさえ医者も保証できず、家族をはじめ誰もが選手生命は終わったと思っていた。そんな中、ただ一人リングに戻ることを諦めず、ケビンを説得して密かにトレーニングを再開するビニーだったが…。
≪ all cinema online より ≫


観たのはもう1か月前の話になるけれど、「ビニー、信じる男」を観た。
予告編を観れば筋立てはすぐにわかる。ボクシングのチャンピオンになった矢先に自動車事故で首を骨折という重傷を負い、当然、選手生命は断たれたかと誰もが思うところ、独り、再起を信じ、リハビリを始め、返り咲く男の驚異の実話。
主人公は、セッションで有名になったマイルス・デイビスだけれど、私はセッションは観ていない。この映画で初めて見たけれど、役作りの体重コントロールも筋肉作りもリハビリシーン等もきつかったと思うが、とてもよくやっていたと思う。
アーロン・エッカートが、中年というには歳を喰った役で、毛を抜いたのかカツラかよくわからないが、毛が薄くなったトレイナー役を好演。今までのイメージとはだいぶ違う(外見は)。 
キアラン・ハインズが、興行内容にもガンガン口を出す主人公の父親役でこれも好演。

【鑑賞日:2017年7月22日(土)】

(続きを見る)


nice!(2)  コメント(0) 

バケモノの子 [映画 は行]

◆ バケモノの子 
公式HP www.bakemono-no-ko.jp/
2015/7/11(土)公開
20150711_bakemononoko_01.jpg



 「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」の細田守監督が、渋谷の街とパラレルに存在しているバケモノたちの世界を舞台に贈る冒険ファンタジー・アニメ。ひょんなことから異世界に迷い込みバケモノの弟子になった孤独な人間の少年の成長と冒険を、少年とバケモノの間に芽生えていく絆を軸に描き出す。声の出演は役所広司、宮崎あおい、染谷将太、広瀬すずほか。
 この世界には人間界とは別に、バケモノが暮らすもうひとつの世界があった。渋谷の街にありながら、決して交わることのないバケモノの世界、それが“渋天街(じゅうてんがい)”だった。ところがある日、ひとりぼっちの少年がバケモノの熊徹と出会う。少年は強さを求めてバケモノの世界へ行くことを決意、熊徹の弟子となって九太という名前をもらう。熊徹は一二を争う強さを誇りながら、粗暴な性格ゆえに誰からも慕われることない渋天街のはぐれ者だった。そんな熊徹にことあるごとに反発しながらも、強くなるために懸命に修行に励む九太だったが…。
≪ all cinema online より ≫


細田守作品ということで観に行きました。

【鑑賞日:2015年7月12日(日)】

20150711_bakemononoko_02.jpg


(続きを見る)


ハッピーエンドが書けるまで [映画 は行]

◆ ハッピーエンドが書けるまで 
2015/6/27(土)公開
20150627_stuckinlove_08.jpg


 監督2作目の「きっと、星のせいじゃない。」が世界的大ヒットとなったジョシュ・ブーンがその2年前に撮り上げた監督デビュー作にして、フレッシュな若手キャストと実力派俳優陣の豪華アンサンブルで贈るコメディ・ドラマ。両親の離婚が影を落とす一組の家族の悩み多き日常と、親と子どもそれぞれの恋の行方を、ユーモアを織り交ぜつつほろ苦くも優しいタッチで綴る。出演は「白雪姫と鏡の女王」のリリー・コリンズ、「ウォールフラワー」のローガン・ラーマン、「きっと、星のせいじゃない。」のナット・ウルフら売り出し中の若手に、離婚した両親役でグレッグ・キニアとジェニファー・コネリー。
 小説家のビル・ボーゲンズは3年前に離婚した元妻エリカのことが忘れられず、他の男に走った彼女に今もつきまとう日々。念願の処女作が出版されることになった大学生の娘サマンサは、両親の離婚が原因で愛を信じられなくなっていた。好意を寄せてくれる同じ大学の青年ルイスが相手でも、恋愛なんて考えられなかった。一方、高校生の息子ラスティは、想いを寄せる同級生のケイトに告白することもできず、ただ日記に綴るだけ。父親は作家を目指す息子に対し、もっと経験を積めと助言する。そんな中、ビル自身もエリカを吹っ切るべく、新たな恋に目を向けようとするが…。
≪ all cinema online より ≫


完全に、リリー・コリンズ目当てで観に行きました。
母親役のジェニファー・コネリーも昔から好きでして、この二人の太眉美人はなかなか良いかも...と思って観に行ったら、ホントの母娘みたいでホントになかなか良かったのでした。

20150627_stuckinlove_02.JPG
20150627_stuckinlove_04.JPG


【鑑賞日:2015年7月1日(水)】

(続きを見る)


ハンガーゲームFINAL レジスタンス [映画 は行]

◆ ハンガーゲームFINAL レジスタンス 
2015/6/5(金)公開
20150605_hangergamefinalresistance_01.jpg



 ジェニファー・ローレンス主演で世界的に空前の大ヒットとなった「ハンガー・ゲーム」シリーズの最終章を2部作で描くアクション超大作の前編。図らずも反乱軍の象徴となった最強ヒロイン、カットニスが、強大な政府軍相手に繰り広げる決死の攻防の行方を圧倒的なスケールで描き出す。共演はジョシュ・ハッチャーソン、リアム・ヘムズワース、ジュリアン・ムーア、ドナルド・サザーランド。監督は前作に引き続きフランシス・ローレンス。なお、本作は2014年2月に急逝した名優フィリップ・シーモア・ホフマンの遺作となる。
 “ハンガー・ゲーム”記念大会の闘技場から、間一髪助け出されたカットニス。彼女が収容されたのは、滅亡したはずの第13地区の地下に建設された反乱軍の秘密基地だった。反乱軍を率いるコイン首相は、独裁者スノー大統領打倒を掲げる革命のシンボルとしてカットニスを迎えようとしていた。そんな中、カットニスは政府軍に捕らえられたピーターが、人質としてプロパガンダに利用されていることに心を痛める。そしてピーターの救出と引き換えに、反乱軍の象徴となることを受け入れるカットニス。やがて、彼女が出演する反乱軍のプロモーション・ビデオが製作されると、それは独裁政治に不満を抱く民衆の心を捉え、彼らを革命へと導いていくのだったが…。
≪ all cinema online より ≫


【鑑賞日:2015年6月14日(日)】

20150605_hangergamefinalresistance_03.jpg


正直言うと、ハンガーゲーム1と2が、ほぼ似たようなテイストだったので、少ぅし飽きてきていました。 ・・・・で、三部作のはずが3本目はpart.1 と part.2 に分けて全部で4本にすると聞いて、うーーーーーーむと唸ってしまって、正直、観ようかどうかかなり迷いました。だって、この調子であと2本はちょっとキツイな....と思ったもんで。
・・・・でも、14日のTOHOシネマズデーで割引きになるので気を取り直して観てみたら.....


(続きを見る)


ピッチ・パーフェクト [映画 は行]

◆ ピッチ・パーフェクト 
2015/5/29(金)公開
20150529_pitchperfect_02.jpg


 2012年に全米で口コミから人気に火がつき予想を超えるスマッシュ・ヒットとなったアナ・ケンドリック主演の学園音楽コメディ。渋々入った大学で女子アカペラ部にスカウトされたヒロインが、ひとクセもふたクセあるメンバーたちと衝突を繰り返しながらも絆を結び成長していく姿を、過激なギャグを織り交ぜつつ迫力あるアカペラ・パフォーマンスの数々とともに描き出す。共演はレベル・ウィルソン、ブリタニー・スノウ、ジョン・マイケル・ヒギンズ、エリザベス・バンクス。監督はブロードウェイ・ミュージカルの演出家として活躍し、本作が映画監督デビューとなるジェイソン・ムーア。
 音楽プロデューサーを目指すベッカは、バーデン大教授の父親に説得され、意に反して同大学に入学する。学園生活に何の期待もないベッカは、サークルの勧誘にもまるで興味なし。ところが、シャワー中の鼻歌を聞かれたクロエに強引にスカウトされ、彼女のいるアカペラ部“ベラーズ”に入部することに。ベッカはそこで、自ら“ファット”と名乗るエイミーやエロさ全開のステイシー、レズビアンのシンシアら個性あふれる新入部員と巡り会う。そして部長オーブリーの厳しい指導の下、全国大会出場を目指して練習に励むベッカたちだったが…。
≪ all cinema online より ≫



【鑑賞日:2015年5月29日(金)】

(続きを見る)


ホーンズ 容疑者と告白の角 [映画 は行]

◆ ホーンズ 容疑者と告白の角 
2015/5/9(土)公開
20150509_horns_01.jpg



 巨匠スティーヴン・キングの息子ジョー・ヒルの長編2作目となるホラー小説『ホーンズ 角』を「ヒルズ・ハブ・アイズ」「ピラニア3D」のアレクサンドル・アジャ監督、「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフ主演で映画化した怪奇ファンタジー・ミステリー。恋人殺しの汚名を着せられた男が、突如生えてきた角の不思議な力を使って真犯人探しを繰り広げるさまを描く。共演はマックス・ミンゲラ、ジュノー・テンプル。
 ある日、街のマドンナだった美女メリンが森の中で惨殺死体となって発見される。すぐに恋人のイグに疑いの目が向けられ、イグは住民の激しいバッシングやマスコミの執拗な追及に晒される。恋人を殺されたばかりか、濡れ衣まで着せられ、絶望の淵に立たされるイグ。そんなある日、目覚めると、彼の頭から2つの角が生えてきた。パニックに陥ったイグだったが、奇妙なことに、その角を見ても誰も驚かず、そればかりかイグに対して本音や秘密を自ら打ち明けてしまうのだった。この角に不思議な力があることに気づいたイグは、その力を使って真犯人を突き止めるべく事件の真相解明に乗り出すのだったが…。
≪ all cinema online より ≫



【鑑賞日:2015年5月10日(日)】




(続きを見る)


ブラック・ハット [映画 は行]

 ◆ ブラック・ハット 
2015/5/8(金)公開
20150508_blackhat_01.JPG




 「ヒート」「パブリック・エネミーズ」のマイケル・マン監督が「マイティ・ソー」「ラッシュ/プライドと友情」のクリス・ヘムズワースを主演に迎えて贈るサスペンス・アクション。服役中の天才ハッカーが自由と引き替えに、サイバー犯罪組織を追う米中合同捜査チームに協力してアジア各地を舞台に命懸けの犯人追跡を繰り広げる。共演はタン・ウェイ、ワン・リーホン、ヴィオラ・デイヴィス。
 謎のサイバー・テロリストによって香港の原子炉やアメリカの金融市場が深刻な被害を被る。アメリカと中国が合同で捜査に当たるが、犯人の手がかりを掴むことができない。彼らに残された最後の希望は、ハッキングの罪で服役している天才プログラマー、ハサウェイだけだった。成功した暁の釈放と引き替えに捜査チームに加わったハサウェイ。合同チームにはハサウェイの大学時代のルームメイトで中国側を率いるチェン・ダーワイとその妹で優秀なネットワーク・エンジニアのチェン・リエンがいた。こうしてハサウェイたちは、わずかな手がかりを辿り、香港、マレーシア、ジャカルタと大がかりな追跡劇を展開していくが…。
≪ all cinema online より ≫


【鑑賞日:2015年5月9日(土)】

20150508_blackhat_03.JPG
20150508_blackhat_04.JPG



(続きを見る)


バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [映画 は行]

◆ バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 
2015/4/10(金)公開
20150410_BirdMan_01.jpg



 「バベル」「BIUTIFUL ビューティフル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、かつてバットマン役で一世を風靡したマイケル・キートンを主演に迎え、公私ともにどん底状態の中年俳優が繰り広げる切なくも滑稽な悪戦苦闘の日々を、全編1カットという驚異の撮影スタイルで描き出すシニカル・コメディ。共演はエドワード・ノートン、エマ・ストーン、ナオミ・ワッツ。アカデミー賞では、みごと作品賞をはじめ最多4部門を受賞。
 かつて主演した大人気スーパーヒーロー映画「バードマン」のイメージが払拭できずに、その後は鳴かず飛ばずの俳優人生を送るリーガン。私生活でも離婚に娘サムの薬物中毒と、すっかりどん底に。そこで再起を期してレイモンド・カーヴァーの『愛について語るときに我々の語ること』を原作とする舞台を自ら脚色・演出・主演で製作し、ブロードウェイに打って出ることに。ところが、大ケガをした共演者の代役に起用した実力派俳優マイクの横暴に振り回され、アシスタントに付けた娘サムとの溝も深まるばかり。本番を目前にいよいよ追い詰められていくリーガンだったが…。
≪ all cinema online より ≫


コレも1か月半溜めちゃった....
アカデミー賞の作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞受賞 というのに惹かれて観に行った...というのが、鑑賞理由の多くを占めていたのは事実です。

【鑑賞日:2015年4月12日(日)】

20150410_BirdMan_02.jpg

(続きを見る)


博士と彼女のセオリー [映画 は行]

◆ 博士と彼女のセオリー 
公式HP http://hakase.link/ 
2015/3/13(金)公開
20150313_thetheoryofeverything_01.jpg


 “車椅子の天才物理学者”スティーヴン・ホーキング博士と彼を長年支え続けた妻ジェーンの出逢いのエピソードと、試練に満ちた結婚生活に立ち向かう2人の愛の行方を描いた感動の伝記ドラマ。主演は本作の演技でみごとアカデミー主演男優賞に輝いた「レ・ミゼラブル」のエディ・レッドメイン、共演に「今日、キミに会えたら」のフェリシティ・ジョーンズ。監督は「マン・オン・ワイヤー」「シャドー・ダンサー」のジェームズ・マーシュ。
 1963年、イギリス。名門ケンブリッジ大学大学院で理論物理学を研究する天才学生スティーヴン・ホーキング。彼は、パーティで出逢った女性ジェーンと恋に落ちる。ところが、その頃からスティーヴンの体調に異変が起き始める。やがてALSと診断され、余命2年と宣告されてしまう。将来を悲観し、ジェーンとの未来も諦めるスティーヴンだったが、ジェーンはひるむことなく、周囲の反対を押し切ってスティーヴンと結婚する道を選ぶ。結婚2年目には長男のロバートも誕生し、当初の余命を越えて生き続けるスティーヴンは、ジェーンの励ましに支えられ、研究者としても着実に実績を上げていくが…。
≪ all cinema online より ≫


観る価値のある映画です。

【鑑賞日:2015年3月15日(日)】

(続きを見る)


前の10件 | - 映画 は行 ブログトップ