So-net無料ブログ作成
検索選択
映画 た行 ブログトップ
前の10件 | -

東京喰種 トーキョーグール [映画 た行]

◆ 東京喰種 トーキョーグール 
2017/7/29(土)公開
20170729_tokyoghoul_01.JPG

 アニメ化もされた石田スイの人気コミックスを窪田正孝主演で実写映画化したアクション・ホラー。人間を喰らう喰種(グール)が潜む東京を舞台に、ひょんなことから半喰種になってしまった主人公の苦悩と、喰種一掃を目指す人間との熾烈な攻防の行方を描く。共演に清水富美加、鈴木伸之、蒼井優、大泉洋。監督は本作が長編デビューの萩原健太郎。
 人の姿をして人間社会に潜み、時に人を襲ってその肉を喰らう怪人、喰種(グール)。そんな喰種が密かに蔓延している東京。ある日、平凡な大学生カネキは喰種のリゼに襲われ瀕死の重傷を負うも、直後に命を落としたリゼの臓器を移植され、一命を取り留める。しかしそれによって半喰種となってしまったカネキは、人肉以外を受け付けない身体になってしまう。やがて喰種が集まる喫茶店あんていくで働き始め、喰種である店長の芳村やバイトの女子高生トーカとの交流を重ねていく中で、喰種たちの事情や思いを知るとともに自身の葛藤も深まっていく。そんなカネキたちの前に、喰種の駆逐を目指すCCGの捜査官・亜門と真戸が現われるが…。
≪ all cinema online より ≫


【鑑賞日:2017年8月12日(土)】

20170729_tokyoghoul_02.JPG


映画「東京喰種トーキョーグール」を観てきた。
清水富美加が「人を喰う役なんてやらされて耐えられない」的な引退理由に挙げた映画で、撮影は完了してポストプロダクションに移っていていまさら撮り直しが利かないのでこのまま行くしか....というのが当時の報道。そういう「映画野次馬」的興味で観たんだけれど、なるほど主演・窪田正孝の次にクレジットされるヒロインであったので、これは撮り直しが利かない.....

(続きを見る)


ターミネーター:新起動/ジェニシス [映画 た行]

◆ ターミネーター:新起動/ジェニシス 
2015/7/10(金)公開
20150711_TerminatorGenesis_01.jpg



 SFアクションの金字塔「ターミネーター」シリーズの第5弾。シリーズの顔ともいうべきアーノルド・シュワルツェネッガーが「ターミネーター3」以来12年ぶりに復帰し、シリーズの「1」と「2」の世界観をベースに、人類の未来をめぐる時空を超えた新たな戦いが描かれていく。共演はエミリア・クラーク、ジェイソン・クラーク、ジェイ・コートニー、イ・ビョンホン、J・K・シモンズ。監督はTV「ゲーム・オブ・スローンズ」のアラン・テイラー。
 2029年、機械軍との壮絶な戦いを繰り広げていた人類は、抵抗軍のリーダー、ジョン・コナーの活躍により劣勢を挽回、ついに勝利を手にしようとしていた。追い詰められた機械軍は、ジョンが存在した事実そのものを消し去るため、殺人サイボーグ、ターミネーターを1984年に送り込み、ジョンの母サラ・コナーの抹殺を図る。これを阻止するため、抵抗軍側はジョン・コナーの右腕カイル・リースが自ら志願して過去へ向う。ところが1984年に辿り着いたカイルは、いきなり新型ターミネーターT-1000に襲われる。その窮地を救ったのは、タフな女戦士サラ・コナーと敵のはずのターミネーターT-800だった。実はこの世界は、既にカイルの知る過去とは別のタイムラインを進んでいたのだった。
≪ all cinema online より ≫


ターミネーター第1作から観ている現役世代としては、コレは当然観なきゃいけない映画ですよね。

第1作とターミネーター2は大傑作だったと思うし、ターミネーター3も面白かったことは面白かったけれど、ジョン・コナーがあんなサル顔になっちゃったら、ターミネーター2とつながらんじゃないか....と不満だったし、ターミネーター4に至っては、ストーリーは面白かったし、サム・ワーシントン演じるマーカス・ライトなるキャラもカッコ良かったけれど、安易に核爆発を扱う安直な発想と、安易に心臓移植しちゃう安直なラストが全く気に喰わなかったので、あんなものターミネーターシリーズじゃねぇ....(時代設定も未来だしねぇ....)と感じていたわけで、今回のはターミネーター2から繋がる話という情報だったし、自ずと期待は高まろう....というものです。

【鑑賞日:2015年7月10日(金)】

20150711_TerminatorGenesis_09.jpg

(続きを見る)


トゥモローランド(2回目、4DX版) [映画 た行]

◆ トゥモローランド  の2回目を、ユナイテッドシネマ豊洲の4DXで観てきました。
2015/6/6(土)公開
20150606_tomorrowland_01.jpg



1回目に観た2015/6/6分の記事はコチラ(ここをクリック →  )

やっぱり、こういう展開の早い映画は『2回目になるとわかること』が、いくつかあります。
まぁ、何が1回目から感じられ・気付いていて、何が2回目でようやくわかる・気が付くかはヒトそれぞれではありますが...

【鑑賞日:2015年6月28日(日)】

以下、ネタばれです。

(続きを見る)


チャイルド44 森に消えた子供たち [映画 た行]

◆ チャイルド44 森に消えた子供たち を観ました。
2015/7/3(金)公開
20150703_child44_01.jpg



 2009年版『このミステリーがすごい!』で1位に輝くなど日本でも話題を集めたトム・ロブ・スミスの『チャイルド44』を「インセプション」「ダークナイト ライジング」のトム・ハーディ主演で映画化したクライム・ミステリー。スターリン独裁政権下のソ連を舞台に、国家が揉み消した連続猟奇殺人事件を巡り、一人のエリート捜査官が全体主義国家の恐るべき不条理に立ち向かって真相究明に奔走するさまをスリリングに描く。共演はゲイリー・オールドマン、ノオミ・ラパス。監督は「デンジャラス・ラン」のダニエル・エスピノーサ。  1953年、スターリン政権下のソ連。ある夜、国家保安省(MGB)のエリート捜査官レオは、変死体となって発見された戦友の息子の亡骸と対面する。事件性は明白だったが、上司は“理想国家のソ連にこのような犯罪は存在しない”との理由で事故死として処理するよう命じる。疑念が拭えない中、今度は最愛の妻ライーサにあらぬスパイの容疑がかけられ、レオに妻を告発するよう圧力がかかる。これを拒否したため、レオは地方の警察署に飛ばされてしまう。するとそこで、再び少年が被害者の猟奇殺人事件に出くわす。犯人を野放しにするわけにはいかないと、署長のネステロフに協力を仰ぐレオだったが…。
≪ all cinema online より ≫


試写会にあたって観に行きました。元々観たいと思っていたので大変ラッキーでした。

【鑑賞日:2015年6月23日(火)】

20150703_child44_02.jpg


(続きを見る)


トゥモローランド [映画 た行]

◆ トゥモローランド 
2015/6/6(土)公開
20150606_tomorrowland_01.jpg



 ディズニーランドの人気テーマエリア“トゥモローランド”をモチーフに描くSFミステリー・アドベンチャー大作。人類の未来の命運を託されたヒロインが、不思議な少女に導かれて出会った風変わりな中年男と共に、トゥモローランドの謎に立ち向かう大冒険の行方を描く。出演は「マイレージ、マイライフ」「ファミリー・ツリー」のジョージ・クルーニーとTV「アンダー・ザ・ドーム」のブリット・ロバートソン。監督は「Mr.インクレディブル」「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のブラッド・バード。
 1964年。ニューヨーク万博の会場を訪れたフランク少年は、発明コンテストに参加するもあえなく落選。そんな彼に声をかけてきたのはアテナという不思議な少女。彼女から“Tマークのピンバッジ”を手渡されたフランクは、ウォルト・ディズニーが出展したパビリオン“イッツ・ア・スモール・ワールド”の中で未知なる世界“トゥモローランド”へと導かれていった…。現代のフロリダ、ケープ・カナベラル。宇宙への憧れを抱く17歳の女子高生ケイシー・ニュートンは、ロケット発射台の解体を阻止しようとNASAの宇宙センターに侵入して拘束される。翌日、解放されたケイシーは、返却された手荷物の中に見知らぬピンバッジを発見する。それに触れた途端、目の前に不思議な光景が広がる。やがて少女アテナと巡り会った彼女は、一人の中年男性と引き合わされる。彼こそ、少年時代にアテナによってトゥモローランドへと導かれたフランクだったのだが…。
≪ all cinema online より ≫



【鑑賞日:2015年6月6日(土)】

20150606_tomorrowland_02.jpg



モチーフにはなっていても、ウォルト・ディズニーは直接は出て来ません。万博のパビリオンとして作ったスモール・ワールドが冒頭で出てくるだけです。


(続きを見る)


チャッピー [映画 た行]

◆ チャッピー 
2015/5/23(土)公開
20150523_chappie_01.jpg



 「第9地区」「エリジウム」のニール・ブロムカンプ監督が、警察の戦闘用に開発されたAI(人工知能)搭載の学習型ロボット“チャッピー”を主人公に描く近未来ハード・バイオレンスSFアクション。ひょんなことからギャングに育てられることになったチャッピーの“成長”の行方と、様々な人間の欲望と思惑に翻弄される彼を待ち受ける衝撃の運命をスリリングに描く。「第9地区」のシャールト・コプリーがチャッピーのパフォーマンス・キャプチャーと声を担当。共演にデヴ・パテル、ヒュー・ジャックマン、シガーニー・ウィーヴァー。
 2016年。南アフリカの犯罪多発都市、ヨハネスブルグ。ディオンは警察用ロボットを開発する軍事企業テトラバール社に勤める才能溢れるエンジニア。彼は世界初となるAI搭載の戦闘用ロボットの製造を会社に提案するが、却下されてしまう。そこで、会社には内緒で独自にAIロボットを製作するが、あろうことかギャングに誘拐されてしまう。ギャングたちは、“チャッピー”と名付けたそのロボットに強盗を手伝わせようと目論んでいた。そんなギャングたちが与える知識を、スポンジが水を吸うように吸収し、急速に成長し始めるチャッピー。そんな中、ディオンの同僚で彼に激しい敵意を抱くヴィンセントがチャッピーの存在に気づき、ある奸計をめぐらすが…。
≪ all cinema online より ≫


【鑑賞日:2015年5月24日(日)】

こういう分野は好きです。日頃はあまり悪役をやらない印象のヒュー・ジャックマンが悪役というところにも興味を惹かれました。
ただ、チャッピーの造形はまるっきり(我が日本が誇る)パトレイバーの縮小版。パッと見だと同じに見える.....

20150523_chappie_02.jpg



(続きを見る)


チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密 [映画 た行]

◆ チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密 を観ました。(約1カ月遅れで書いています。)
2015/2/6(金)公開
20150206_Charley-Mortdecai_01.jpg



 ジョニー・デップが奇抜な口ヒゲがトレードマークの皮肉屋でちょっぴりドジなインチキ美術商を演じたアドベンチャー・コメディ。70年代に人気を博したキリル・ボンフィリオリのユーモア・スパイ冒険小説“チャーリー・モルデカイ”シリーズの1作目を映画化。共演はグウィネス・パルトロー、ユアン・マクレガー、ポール・ベタニー。監督は「シークレット ウインドウ」「プレミアム・ラッシュ」のデヴィッド・コープ。
 イギリス。貴族にして美術商のチャーリー・モルデカイ。ロンドンの郊外に大きな屋敷を構え、優雅な暮らしを送っている。しかし、その実態は火の車で破産寸前。そんなモルデカイのもとに、MI5のマートランド警部補が現われ、修復中に盗まれたゴヤの幻の名画を捜索して欲しいと要請する。高額な報酬につられ、最強の用心棒ジョックと共に名画追跡に乗り出したモルデカイだったが…。
≪ all cinema online より ≫


出演陣は豪華なんだけれど、なんかいまひとつ感が漂う気がしました。
お気楽で、脳みそは1gも活動させることなく眺めていれば良い感じ。  まぁ、そういう映画も嫌いではありません。むしろ、好きです。 
ジョニー・デップのキャラ映画は海賊ジャック・スパロウだけはシリーズになっているけれど、他はみんな単発....   シザー・ハンズも、スリーピー・ホローのイカボットも、チャーリーとチョコレート工場のウォンカも、ダーク・シャドウのバーナバス・コリンズもローン・レンジャーのトントも。 
原作があってシリーズになっているようだけれど、映画は単発なんじゃないかなぁ....

【鑑賞日:2015年2月8日(日)】

(続きを見る)


トワイライト ささらさや [映画 た行]

◆ トワイライト ささらさや  を観ました。
2014/11/8(土)公開
20141108_twilightsasarasaya_01.jpg


 人気ミステリー作家・加納朋子のベストセラー小説『ささら さや』を新垣結衣と大泉洋の共演で映画化したハートフル・ゴースト・ストーリー。小さな田舎町“ささら”を舞台に、愛する妻子が心配で成仏できずに幽霊となって彷徨う男が、他人の体に乗り移って妻子を助けようと奮闘する姿を、ささらの人々の優しさと夫婦の絆を軸に心温まるタッチで綴る。監督は「60歳のラブレター」「神様のカルテ」の深川栄洋。
 売れない落語家のユウタロウは、愛する妻サヤと生まれたばかりの息子ユウスケを残して事故で他界。しかし、両親を早くに亡くし、頼れる親戚もいない孤独で気弱なサヤが心配で成仏できない。そんなサヤの前に、絶縁状態だったユウタロウの父が現われ、孫を強引に引き取ろうとする。ユウタロウはたまらず師匠の体に乗り移り、サヤにユウスケと一緒に逃げろと伝える。その言葉に背中を押されて辿り着いたのは、ちょっと不思議な田舎町ささら。ユウスケと2人で途方に暮れるサヤの前に、再びユウタロウが他人の姿で現われる。どうやら、彼のことが見える人間には、一度だけ乗り移ることができるらしい。こうして、いろいろな人の体を借りて現われるユウタロウと優しいささらの人々に支えられ、母親として少しずつ逞しさを身につけていくサラだったが…。
≪ all cinema online より ≫


新垣結衣も大泉洋も好きなので、コレは観に行くしかなかろう....と思っていました。
封切りの土曜日にはちょっと1日中の用事があったので、翌日曜日に早速Go!! です。

20141108_twilightsasarasaya_03.jpg
20141108_twilightsasarasaya_02.jpg


【鑑賞日:2014年11月9日(日)】

(続きを見る)


ドラキュラZERO [映画 た行]

◆ ドラキュラZERO を観ました。
2014/10/31(金)公開
20141031_Dracula0_01.jpg


 ブラム・ストーカーの小説『ドラキュラ』のモデルとして知られ、“串刺し公”の異名で恐れられた実在の君主ヴラド・ドラキュラを主人公に描くダーク・ファンタジー・アクション。愛する者たちを守るため、自ら過酷な運命に身を投じた男の壮絶な戦いの行方を、吸血鬼伝説を織り込んだストーリーと迫力のアクションで綴る。主演は「推理作家ポー 最期の5日間」のルーク・エヴァンス、共演はドミニク・クーパー、サラ・ガドン。監督はこれが長編デビューのゲイリー・ショア。
 15世紀のヨーロッパ、トランシルヴァニア地方。この地を治める君主ヴラドは、愛する妻ミナとひとり息子と幸せな日々を送っていた。そんなある日、同国を属国とみなす超大国オスマン帝国の皇帝メフメト2世が、ヴラドの息子を含む少年1000人をオスマン軍のために差し出すよう迫ってくる。もし従わなければ戦争は避けられず、そうなれば全滅を覚悟しなければならない。それでもメフメトの要求をはねのけたヴラドは、愛する家族と国を守るため、古くから伝わる闇の力と契約を結び、強大な力を手に入れる。しかしそれは、あまりにも過酷な代償を伴うものだった。
≪ all cinema online より ≫


原題は “ DRACULA UNTOLD ”   邦題のZEROの部分は、最近流行の episodeゼロ(今までの話の前日譚・原点部分)の意味だと思う。
邦題のニュアンスも作品には多分にあるものの、原題と邦題のニュアンスはビミョーに違う「似て非なるもの」。 どちらの意識で観るかで、映画の印象もびみょーに変わりそうな気がする。
私は、邦題のニュアンスだと映画がビミョーに中途半端な気がして、原題の方がニュアンスを正しく表現している気がした。

【鑑賞日:2014年11月6日(木)】

(続きを見る)


誰よりも狙われた男 [映画 た行]

◆ 誰よりも狙われた男  を観ました。
2014/10/17(金)公開
20141017_nerawaretaotoko_01.jpg


ジョン・ル・カレの同名スパイ小説を「コントロール」「ラスト・ターゲット」のアントン・コルベイン監督で映画化。ドイツのハンブルクに密入国した国際指名手配中のチェチェン人青年を巡って、ドイツの諜報員はじめ様々な組織や個人の思惑が激しく交錯していくさまを緊張感あふれる筆致で綴る。主演は2014年2月に本作の一般公開を迎えることなく急逝した「カポーティ」「ザ・マスター」のフィリップ・シーモア・ホフマン、共演にレイチェル・マクアダムス、ウィレム・デフォー、ロビン・ライト、ダニエル・ブリュール。
 ドイツの港湾都市ハンブルク。同国の諜報機関によって一人のチェチェン人青年イッサ・カルポフの密入国が確認される。イスラム過激派として国際指名手配されている人物だった。テロ対策チームを率いるギュンター・バッハマンは、彼を泳がせてさらなる大物を狙う。一方、親切なトルコ人親子に匿われ政治亡命を希望するイッサを、人権団体の若手女性弁護士アナベル・リヒターが親身になってサポートしていく。イッサは、そのアナベルを介して銀行家のトミー・ブルーと接触を図る。CIAも介入してくる中、アナベルとトミーの協力を強引に取り付けるや、ある計画へと突き進むバッハマンだったが…。
≪ all cinema online より ≫


フィリップ・シーモア・ホフマンの遺作となると、
これはもう観ないわけにはいきません.....


【鑑賞日:2014年10月21日(火)】

(続きを見る)


前の10件 | - 映画 た行 ブログトップ