So-net無料ブログ作成
検索選択
映画 さ行 ブログトップ
前の10件 | -

スパイダーマン ホームカミング [映画 さ行]

◆ スパイダーマン ホームカミング 
2017/8/11(金・祝)公開
20170811_spidermanhomecoming_01b.jpg

 アイアンマンやキャプテン・アメリカなど“アベンジャーズ”を中心にマーベル・ヒーローが同一世界観の中で活躍する“マーベル・シネマティック・ユニバース”作品群の一つとして描かれる新シリーズの第1弾となる痛快エンタテインメント青春アクション大作。アイアンマンに憧れ、アベンジャーズ入りを夢見る15歳の青年の葛藤と成長を、ヒーローとしての華々しい活躍に普通の高校生の瑞々しい青春模様を織り交ぜ描き出す。主演は「インポッシブル」「白鯨との闘い」のトム・ホランド。共演はアイアンマン役のロバート・ダウニー・Jrのほか、マイケル・キートン、ジョン・ファヴロー、ゼンデイヤ、マリサ・トメイ。監督は「クラウン」「COP CAR/コップ・カー」で注目され、長編3作目の本作でいきなりブロックバスター作品に大抜擢となった新鋭ジョン・ワッツ。
 ニューヨークに暮らす15歳の高校生、ピーター・パーカー。憧れのトニー・スターク=アイアンマンに見込まれ、彼が開発した特製スーツに身を包み、スパイダーマンとして街のパトロールに精を出しながら、早くアベンジャーズの一員になりたいと夢見ていた。そんな中、スタークに仕事を奪われ復讐に燃える男エイドリアン・トゥームス=バルチャーが、地球外の物質から強力な武器を作り出し、ニューヨークを危機に陥れようとしていた。アベンジャーズに任せろとのスタークの忠告にもかかわらず、一人前のヒーローとして認められたいと焦るピーターは、たった一人で敵に立ち向かおうとするのだったが…。
≪ all cinema online より ≫

20170811_spidermanhomecoming_02b.jpg


映画「スパイダーマン ホームカミング」を観てきた。
スパイダーマンとしては、トビー・マグワイア版、アンドリュー・ガーフィールド版に続く、3つ目のシリーズ。
今までのシリーズと根本的な違いは....

【鑑賞日:2017年8月11日(金・祝)】

(続きを見る)


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女 [映画 さ行]

◆ ザ・マミー 呪われた砂漠の王女 
2017/7/28(金)公開
20170728_themummy_03.JPG

 ユニバーサル・スタジオが同社の誇るクラシック・モンスターたちを豪華キャストとスタッフで甦らせる一大プロジェクト“ダーク・ユニバース”の記念すべき第一弾として、1932年の「ミイラ再生」を1999年の「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」に続いて、今度はトム・クルーズを主演に迎えてリブートしたアドベンチャー・ホラー大作。砂漠の地下深くに封印された邪悪な“王女”の恐るべき復活劇を壮大なスケールで描き出す。共演はアナベル・ウォーリス、ソフィア・ブテラ、ラッセル・クロウ。監督は「M:i:III」「スター・トレック」など数々のヒット作の脚本や製作を務めてきたアレックス・カーツマン。長編の監督としては本作が2作目となる。
 貴重な遺物の横流しに手を染める米軍関係者のニック・モートンは、激しい戦闘の続く中東で、地中に埋もれていた古代の遺跡を偶然発見する。それは何世紀も昔に、この世への激しい憎しみを抱えたままミイラとなった王女アマネットの墓だった。さっそく考古学者のジェニー・ハルジーと棺の調査に乗り出したニックだったが、気づかぬ間に封印されていたアマネットの呪いを解放してしまう。やがて棺をイギリスへと輸送するため一緒に飛行機に乗り込んだニックとジェニーだったが…。
≪ all cinema online より ≫


これも約1か月前、映画「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」を観た。
1932年公開の「ミイラ再生」の3回目のリブート。(2回目のリブートが「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」)
なかなか面白かったが、ジキル博士登場とか、「伏線敷いているのが視え視えの部分」は如何なものかと思わないでもない(ストーリー上の制約になっている気がする)。
トム・クルーズの新しいシリーズになるかも.....みたいな言われ方も見掛けるけれども、ユニバーサル映画が「ダーク・ユニバース」シリーズと銘打って、『MARVEL映画的連作映画シリーズ』の「3匹目の泥鰌(※)」を狙ったモノの1本目が(たまたま)トム・クルーズのミイラ映画なだけであって、別段「彼のシリーズ」ではない。
ラッセル・クロウがジキル博士に扮して登場していて、今後のシリーズ全体の狂言回しを務めるらしい。半魚人らしきものとか、変なものがチラチラ映っていた。
この後、「フランケンシュタインの花嫁のリブート」が続くらしく、『透明人間』にジョニー・デップ、『フランケンシュタイン』にはハビエル・バルデムが決定しているらしい。
・・・なので、いずれ、トム・クルーズとラッセル・クロウとジョニー・デップとハビエル・バルデムが共演するシーンも観られるのだろう.....
こういうシリーズは、準備期間、撮影期間、ポストプロダクションの期間とそれなりに時間が掛かるので、1年毎か1.5年毎に話が進む感じになって、最近、徐々に興味を持続できなくなってきつつある。飽きてきているのかも知れない....
※2匹目は、「バットマン vs スーパーマン」「スーサイド・スクワッド」「ワンダーウーマン」等の「DCエクステンデッド・ユニバース」シリーズ。
みんな投資額が大きいからバクチして外すのが嫌でこういう路線に走っているけれど、みんながやっちゃうと飽きられるのが早くなると思う。

【鑑賞日:2017年7月28日(金)】

(続きを見る)


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

STARWARS epi.7 フォースの覚醒 [映画 さ行]

◆ STARWARS epi.7 フォースの覚醒 を観ました。
2015/12/18(金)公開
20151218_starwars7_01.jpg
20151218_starwars7_02.jpg



 映画史に燦然と輝くSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」シリーズが、監督に「スター・トレック」「SUPER 8/スーパーエイト」のJ・J・エイブラムスを迎え、新たなる3部作の幕開けとして贈る全世界待望のSF超大作。「スター・ウォーズ エピソードVI/ジェダイの帰還」からおよそ30年後を舞台に、家族を待ち続ける孤独な女性レイと、戦うことに葛藤するストームトルーパーの脱走兵フィンとの出会いが導く壮大な冒険の始まりを描く。出演はヒロインのレイ役に新人デイジー・リドリー、フィン役に「アタック・ザ・ブロック」のジョン・ボイエガ。そのほかアダム・ドライバー、オスカー・アイザック、ルピタ・ニョンゴらが新キャラクターとして登場。さらに、ハリソン・フォード、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャーはじめ旧シリーズの伝説的キャラクターを演じたキャストたちも豪華に再登場。
≪ all cinema online より ≫


初日の12/18 18:30 の回は買い損ないました。元々、忙しくて半休でも取らない限り観に行けないなぁ...と思っていたので気持ちを切り替え、19日の10:30の回のチケットを取りました。結果的にメモリアルパンフレットの表紙がBB-8だったので当たりかな....と思っとります。
20151218_starwars7_03.jpg


あまりに面白かったので、速攻で祝日前の22日(火)夜のMX4Dのチケットをゲット。1回目では分からなかったダニエル・クレイグのストームトルーパーはコイツかな...と見当を付けたものの、確信に至らず.....
その後、週末を迎え、やっぱり日本語吹替え版も観ておこう....と観て、吹替えでも面白いなぁ....と認識しつつ、吹替えではダニエル君を確認のしようがないので、改めてもう一回2D字幕版を観てダニエル君の確信を強めたのでした.....  
都合9日で4回鑑賞..... 我ながらびょーきだ.....

Daisy_Ridley-John_Boyega-Harrison_Ford-Star_Wars-The_Force_Awakens.jpg


【鑑賞日:2015年12月19日(日)】2D字幕版(メモリアル・パンフレット)
【鑑賞日:2015年12月22日(火)】MX4D・字幕版
【鑑賞日:2015年12月26日(土)】2D日本語吹替え版
【鑑賞日:2015年12月27日(日)】2D字幕版


そろそろ、いいかな....と勝手に思って、内容にも踏み込んで書きます。
超ネタばれなので、未見のヒトはこれ以降を読まないでください。


(続きを見る)


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ストレイヤーズ・クロニクル [映画 さ行]

◆ ストレイヤーズ・クロニクル 
2015/6/27(土)公開
20150627_stryerschronicle_01.jpg



 人気作家・本多孝好の同名小説を「プリンセス トヨトミ」「宇宙兄弟」の岡田将生主演で映画化したサスペンス・アクション。極秘機関によって育てられた超能力者たちが自らの宿命に葛藤しながらも、同じように特殊な能力を有し、世界への復讐を目論む勢力と壮絶な戦いを繰り広げるさまを描く。共演は染谷将太。監督は「ヘヴンズ ストーリー」「アントキノイノチ」の瀬々敬久。
 1990年代初め、ある極秘機関による実験によって進化した特殊能力を持つ子どもたちが誕生した。彼らはその特殊能力の代償として若くして死んでしまう宿命にあった。成長した彼らは“超視覚”を持つ昂をリーダーとするチームを組み、互いに強い絆で結ばれていた。ある日、そんな彼らの前に、“アゲハ”と名乗る別の特殊能力者チームが現われる。学をリーダーとする彼らは、自らの宿命に絶望し、全てを破壊しようと目論んでいた。未来への希望を持ち続ける昂たちは、アゲハを阻止すべく立ち上がるが…。
≪ all cinema online より ≫



【鑑賞日:2015年6月28日(日)】

(続きを見る)


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

しあわせはどこにある [映画 さ行]

◆ しあわせはどこにある 
2015/6/13(土)公開
20150613_happiness_01.jpg



 フランスの精神科医フランソワ・ルロールが迷える現代人に向けて綴った世界的ベストセラー『幸福はどこにある 精神科医へクトールの旅』を、「スター・トレック」「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」のサイモン・ペッグ主演で映画化したコメディ・ドラマ。共演はロザムンド・パイク、トニ・コレット、クリストファー・プラマー。監督は「マイ・フレンド・メモリー」「Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?」のピーター・チェルソム。
 ロンドンに暮らす精神科医のヘクターは、完璧な恋人にも恵まれ、何不自由ない生活を送っていた。ところが、同じように満たされているはずの患者たちの不満や悩みを聞き続けているうちに、自分まで何が幸せか分からなくなってしまう。そこで、本当の幸せとは何かを世界中で調査しようと思い立ち、イギリスを飛び出して幸せ探しの旅を始めたヘクターだったが…。
≪ all cinema online より ≫


【鑑賞日:2015年6月13日(土)】

20150613_happiness_02.jpg

もうタイトルからして、『青い鳥』を思わせる。
こういう、人生再発見とか、生き甲斐探し・・・みたいな映画は、予告編見て印象が良いと観たくなります。 「LIFE!」(ここをクリック→  )の時がそうでした。
「青い鳥」的物語なので、自ずとオチがミエミエだけれど、でもやっぱり観たくなっちゃって観に行った.....

(続きを見る)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

シンデレラ [映画 さ行]

◆ シンデレラ 
2015/4/25(土)公開
20150425_Cinderella_01.jpg



 ディズニー・アニメの名作「シンデレラ」を、「から騒ぎ」「マイティ・ソー」のケネス・ブラナー監督で絢爛豪華に実写映画化したファンタジー・ラブストーリー。ヒロインのシンデレラ役はハリウッド期待の新星リリー・ジェームズ、共演にケイト・ブランシェット、リチャード・マッデン、ヘレナ・ボナム=カーター。また、空前の大ヒットとなったディズニー・アニメ「アナと雪の女王」のその後を描いた短編アニメ「アナと雪の女王/エルサのサプライズ」を同時上映。
 幼くして母を亡くし、彼女の“どんな時でも勇気と優しさを忘れないで”という言葉を胸に、まっすぐな女性へと成長したエラ。ある日父が再婚し、エラにはまま母とその連れ子としてやって来た2人の姉ができる。しかし父が亡くなると、まま母と義姉たちはエラに辛く当たるようになる。そんなある日、城で国中の若い女性を集めて舞踏会が開かれることになり、エラの家にも招待状が届くが、舞踏会に行きたいというエラの願いはまま母によって阻止されてしまう。悲しみに暮れるエラだったが、そんな彼女の前に陽気な魔法使い“フェアリー・ゴッドマザー”が現われる。彼女の魔法によって華麗なドレスとガラスの靴を身にまとい、美しく変身したエラ。同じくフェアリー・ゴッドマザーが用意したカボチャの馬車に乗り、ついに念願の舞踏会へと向かうエラだったが…。
≪ all cinema online より ≫


【鑑賞日:2015年4月26日(日)】

20150425_Cinderella_02.jpg

(続きを見る)


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ジュピター [映画 さ行]

◆ ジュピター 
2015/3/28(土)公開
20150328_Jupiter_01.jpg


 「マトリックス」「クラウド アトラス」のラナ&アンディ・ウォシャウスキー監督が、宇宙を舞台に壮大なスケールで贈るスペース・アドベンチャー大作。近未来の地球で貧しい暮らしを送るヒロインが、ある日突然、宇宙最大の王族を巡る王位継承の争いに巻き込まれ、彼女を護るために遣わされた究極戦士とともに、人類の命運も左右する壮絶な戦いに身を投じていくさまを描く。主演は「マジック・マイク」のチャニング・テイタムと「テッド」のミラ・クニス、共演にショーン・ビーン、エディ・レッドメイン。
 近未来の地球。生活のために働きづめの日々を送る女性ジュピター。ある日、謎の戦士ケインが現われ、彼女が地球さえも支配管理している宇宙最大の王族の末裔だと告げる。その王族は現在、一族を統べる女王が亡くなり、王位を巡って継承権者の間で争いが勃発していた。そんな時、女王と同じ遺伝子配列を持つ“生まれ変わり”の存在が明らかとなる。それが、地球の女性ジュピターだったのだ。継承権者の一人バレムは、そんなジュピターを人類ごと消し去ろうと画策する。一方ケインは、それに対抗して地球に送り込まれた最強の戦士。彼に与えられた使命はジュピターを護ること。そんなケインの力を借り、人類の危機に立ち上がるジュピターだったが…。
≪ all cinema online より ≫


こういうの好きです。 面白かった。


【鑑賞日:2015年3月29日(日)】

(続きを見る)


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

シェフ 三ツ星フードトラック始めました [映画 さ行]

◆ シェフ 三ツ星フードトラック始めました を観ました。
公式HP http://chef-movie.jp/ 
2015/2/28(土)公開
20150228_chef mitsuboshi_01.jpg


 「アイアンマン」のジョン・ファヴローが製作・脚本・監督・主演で贈るハートウォーミング・コメディ。オーナーや評論家と衝突してレストランをクビになったシェフの主人公が、フードトラックの移動販売を始めることで自らの誇りと家族との絆を取り戻していく姿を描く。相棒役のジョン・レグイザモ、別れた妻役のソフィア・ベルガラのほか、スカーレット・ヨハンソン、ダスティン・ホフマン、ロバート・ダウニー・Jrらが豪華に共演。
 ロサンジェルスの一流レストランで総料理長を務めるカール・キャスパー。人気料理評論家の来店に革新的な新メニューで挑もうとするも、オーナーに却下された挙げ句、評論家にも酷評され、ついに怒り爆発。その一部始終がSNSで拡散してしまい、店をクビになったばかりか新たな働き口もなくなってしまう。傷心のまま故郷のマイアミに戻ったカールは、前妻や旧友マーティン、息子のパーシーたちの助けを借り、キューバ料理の移動販売を始めることに。こうして、改装したオンボロ・フードトラックに乗り、パーシー、マーティンと3人で、移動販売をしながらロサンジェルス目指して大陸を横断していくカールだったが…。
≪ all cinema online より ≫



【鑑賞日:2015年3月6日(金)】

(続きを見る)


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

ジャッジ 裁かれる判事 [映画 さ行]

 ◆ ジャッジ 裁かれる判事 を観ました。(1カ月遅れで書いています。)
2015/1/17(土)公開
20150117_judge_03.JPG

20150117_judge_06.JPG


 ロバート・ダウニー・Jrとロバート・デュヴァルが父子役で初共演を果たした法廷ドラマ。地元で長年尊敬されてきた判事にして殺人の容疑者となった父と、その弁護を引き受けることになった絶縁状態の息子が、互いに確執と葛藤を抱えながら裁判に臨むさまを描く。監督は「ウエディング・クラッシャーズ」「ブラザーサンタ」のデヴィッド・ドブキン。
 母の葬儀のため久々に帰郷したヤリ手弁護士のハンク・パーマー。地元で長年判事を務め、人々の尊敬を集める父ジョセフとは折り合いが悪く、現在はほとんど絶縁状態。葬儀が終わり、早々に引き返そうとしていたハンクに思いも寄らぬ一報が入る。なんとジョセフが殺人の容疑で逮捕されたというのだ。ところがジョセフはハンクの弁護を拒絶してしまう。それでも、頑固に正義を貫いてきた父に限って殺人など犯すはずがないと確信していたハンクだったが…。
≪ all cinema online より ≫


【鑑賞日:2015年2月1日(日)】

(続きを見る)


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

スパイ・レジェンド [映画 さ行]

◆ スパイ・レジェンド  を観ました。(1カ月遅れで書いています。)
公式HP http://spylegend.jp/ 
2015/1/17(土)公開
20150117_spylegend_01.jpg


 ビル・グレンジャーのスパイ小説“ノヴェンバー・マン”シリーズを「007/ダイ・アナザー・デイ」「マンマ・ミーア!」のピアース・ブロスナン主演で映画化したサスペンス・アクション。共演は「007/慰めの報酬」「オブリビオン」のオルガ・キュリレンコ。監督は「世界最速のインディアン」「バンク・ジョブ」のロジャー・ドナルドソン。
 かつて“ノベンバー・マン”というコードネームでその名を轟かせた伝説の元CIAエージェント、ピーター・デヴェロー。元同僚で愛していたナタリアの危機を知り、自ら“回収”すべくモスクワへ飛ぶ。しかしナタリアは、彼の目の前で殺されてしまう。その殺害を実行したのは、なんとデヴェローがCIA時代に教育した愛弟子メイソンだった。やがてロシア大統領選を巡る巨大な陰謀に巻き込まれていくデヴェローだったが…。
≪ all cinema online より ≫



【鑑賞日:2015年1月28日(水)】

(続きを見る)


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画 さ行 ブログトップ