So-net無料ブログ作成
検索選択
映画 あ行 ブログトップ
前の10件 | -

エイリアン:コヴェナント [映画 あ行]

◆ エイリアン:コヴェナント 
2017/9/15(金)公開
20170915_alienCovenant_04.JPG

この予告冒頭のミーティングとスピーチのシーンは映画には無い。初期構想と出来上がりがだいぶ変わったんではなかろうか....

 リドリー・スコット監督による「プロメテウス」の続編にして、79年製作のSF映画の金字塔「エイリアン」へと繋がるSFホラー。地球を後にした宇宙船コヴェナント号のクルーたちを待ち受ける驚愕の運命とエイリアン誕生の秘密を描き出す。主演はキャサリン・ウォーターストンとマイケル・ファスベンダー、共演にビリー・クラダップ、ダニー・マクブライド、デミアン・ビチル。
 人類初の大規模移住計画により、新たな植民地となる惑星オリガエ-6を目指して2000人の入植者とともに地球を旅立った宇宙船コヴェナント号。船の管理は最新型アンドロイドのウォルターによって行われていた。ところが突然のアクシデントで、船長を含む数十人が命を落としてしまう。そしてその直後、コヴェナント号は謎の電波を受信する。急遽、船長代理となったオラムは、亡くなった船長の妻で科学者のダニエルズの反対を押し切り、進路を変更して電波の発信元である惑星へと向かう。ダニエルズ、オラム、ウォルターらが調査隊として探索をしたところ、本来の目的地よりも遥かに地球の環境に近いことが分かってくる。ところが、そんな調査隊を、思いも寄らぬ事態が襲う。窮地に陥った一行の前に、かつてプロメテウス号に搭乗していた旧型アンドロイド、デヴィッドが姿を現わすのだったが…。
≪ all cinema online より ≫



【鑑賞日:2017年9月17日(日)】

映画「エイリアン:コヴェナント」を観てきた。
ストーリーは、前作の「プロメテウス」を観ていないと意味が分からないところが多数。前作の登場人物も登場したり話題に出たりする。
・・・なので、未見・忘れちゃった...というヒトはまずはレンタル屋に走りましょう。
映画館はその後です。

(続きを見る)


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン [映画 あ行]

◆ アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン 
2015/7/4(土)公開
20150708_avenjersageofulyron_01.jpg



 アイアンマンやハルク、キャプテン・アメリカはじめマーベル・コミックが誇るスーパー・ヒーローたちによって結成されたドリーム・チーム“アベンジャーズ”の活躍を描く空前のメガヒット・アクション超大作の第2弾。出演はロバート・ダウニー・Jr、クリス・エヴァンス、クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、サミュエル・L・ジャクソンらの続投組に加え、新たにアーロン・テイラー=ジョンソン、エリザベス・オルセンが参加。監督は前作に引き続きジョス・ウェドン。
 アイアンマンこと“戦う実業家”トニー・スタークは、将来出現するかも知れない新たな脅威から地球を守るために、人工知能“ウルトロン”による平和維持システムを開発する。しかしウルトロンが平和を維持するために導き出した答えは、その障害となっている人類を排除するというものだった。仮の肉体を得て暴走を始めたウルトロンを阻止すべく再び集結したアベンジャーズ。そんな彼らの前に、人の心を自在に操るワンダと超高速で動く肉体を持つピエトロの超人姉弟が立ちはだかる。
≪ all cinema online より ≫


ユナイテッドシネマ豊洲で2014/12からスタートした4DXでは既にいくつか見ています。
TOHOシネマズ六本木ヒルズに6月下旬から設けられたMX4Dというのは未体験ですが、どう違ってどこが同じなのか興味はあります。
そこで、どうせ比べるなら同じ作品じゃなきゃ比べられないよね....と、7月4日に豊洲→六本木と見比べることにしました(我ながらバカみたい....)
・・・で、その見聞記は別途書くことにして、ここでは映画の感想です。

【鑑賞日:2015年7月4日(土) 4DXとMX4Dで各1回】

20150708_avenjersageofulyron_02.jpg


(続きを見る)


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

海街diary [映画 あ行]

◆ 海街diary 
2015/6/13(土)公開
20150613_umimachidiary_01.jpg
20150613_umimachidiary_03.jpg



 人気少女漫画家・吉田秋生の同名傑作コミックスを「歩いても 歩いても」「そして父になる」の是枝裕和監督が映画化。鎌倉の古い一軒家に暮らす3姉妹が、腹違いの妹を迎え入れ、それぞれに複雑な想いを抱えながらも日々の暮らしを通して家族としての絆を紡いでいく1年の物語を、鎌倉の四季折々の美しい風景とともに綴る。主役の四姉妹には綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず。共演に加瀬亮、鈴木亮平、樹木希林、リリー・フランキー、風吹ジュン、堤真一、大竹しのぶ。
 鎌倉の古い家に暮らす幸、佳乃、千佳の香田三姉妹。父は不倫の末に15年前に家を出て行き、その後、母も再婚してしまい、今この家に住むのは3人だけ。ある日、その父の訃報が3人のもとに届く。父の不倫相手も既に他界しており、今は3人目の結婚相手と山形で暮らしていた。葬儀に参加した三姉妹は、そこで腹違いの妹すずと出会う。父が亡くなった今、中学生のすずにとってこの山形で身寄りと呼べるのは血のつながりのない義母だけ。気丈に振る舞うすずだったが、肩身の狭い思いをしているのははた目にも明らか。すずの今後を心配した幸は、別れ際に“鎌倉で一緒に暮らさない?”と提案する。こうして鎌倉へとやって来たすずだったが、最初は自分の母が幸たちの父を奪ったことへの負い目を拭えずにいた。それでも、異母姉たちと毎日の食卓を囲み、日常を重ねていく中で、少しずつ凝り固まった心が解きほぐされていく。また、入部した地元のサッカーチームでも仲間に恵まれ、中学生らしい元気さも取り戻していくすずだったが…。
≪ all cinema online より ≫


【鑑賞日:2015年6月14日(日)】

コレは絶対観ようと決めてました。予告編がすごく心地よさそう.... 長澤まさみや綾瀬はるかを観に行くだけでも損はなさそうだし....と。

20150613_umimachidiary_02.jpg


(続きを見る)


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

イニシエーション・ラブ [映画 あ行]

◆ イニシエーション・ラブ 
2015/5/23(土)公開
20150523_initiationlove_01.jpg



 巧みな叙述トリックで評判を呼んだ乾くるみの同名ベストセラーを「20世紀少年」「SPEC」の堤幸彦監督が、“映像化不可能”と言われた原作とは異なるエンディングで映画化したラブ・ミステリー。出演は松田翔太、前田敦子、木村文乃。【Side-A】バブル最盛期の1980年代後半、静岡。就職活動中の大学生・鈴木は、気乗りしないまま参加した合コンで、歯科助手のマユと運命的な出会いを果たす。鈴木はマユに釣り合う男になりたいと自分を磨いていくが…。
【Side-B】就職した鈴木は東京本社へ転勤となり、マユとは遠距離恋愛に。やがて東京本社の同僚・美弥子に心惹かれていく鈴木だったが…。
≪ all cinema online より ≫


【鑑賞日:2015年5月23日(土)】

20150523_initiationlove_02.jpg


(続きを見る)


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

インヒアレント・ヴァイス [映画 あ行]

◆ インヒアレント・ヴァイス 
2015/4/18(土)公開
20150418_inherentvice_01.jpg



 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」「ザ・マスター」の鬼才ポール・トーマス・アンダーソン監督が、アメリカの伝説的作家トマス・ピンチョンが手がけた探偵小説『LAヴァイス』を映画化した異色のドタバタ・ハードボイルド・コメディ。混沌のヒッピー・ムーブメントが勢いを失いつつある70年代のロサンジェルスを舞台に、元カノの依頼を受けたヒッピー探偵が、ドラッグ片手に繰り広げる酩酊調査の行方をユーモラスに綴る。主演は「ザ・マスター」「her/世界でひとつの彼女」のホアキン・フェニックス、共演にジョシュ・ブローリン、オーウェン・ウィルソン、ベニチオ・デル・トロほか。
 ロサンジェルスに住むヒッピーのなれの果ての私立探偵ドック。ある日、そんな彼の前に今も忘れられない元カノ、シャスタが現われる。彼女はなんと、不動産王として知られる大富豪ミッキー・ウルフマンの愛人に収まっていた。彼女の相談事というのは、ミッキーの妻とその浮気相手が、自分とミッキーを罠にはめようと企んでいるというものだった。普通なら絶対関わりたくない案件だが、他ならぬシャスタの頼みとあっては断ることもできず、渋々ながら調査に乗り出すドックだったが…。
≪ all cinema online より ≫


配役の豪華さに惹かれて観に行きました。

【鑑賞日:2015年4月19日(日)】

20150418_inherentvice_02.jpg

(続きを見る)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

エイプリル・フールズ [映画 あ行]

◆ エイプリル・フールズ 
公式HP http://aprilfools.jp/ 
2015/4/1(水)公開
20150401_Aprilfools_01.jpg
20150401_aprilfools_03.jpg



 「鈴木先生」「リーガルハイ」の人気脚本家・古沢良太が「キサラギ」以来となるオリジナル脚本で贈る笑いと感動のエンタテインメント群像コメディ。エイプリルフールについた7つの嘘が発端となった7つのエピソードが、同時進行で複雑に絡み合い、予測不能の結末へと展開していくさまを、戸田恵梨香、松坂桃李、ユースケ・サンタマリア、富司純子、里見浩太朗をはじめとする豪華キャストの共演で描き出す。監督は「リーガルハイ」で古沢良太とタッグを組み、本作が映画監督デビューとなる石川淳一。
 対人恐怖症の清掃員・新田あゆみは、一夜限りの相手である天才外科医の牧野亘に電話で妊娠の事実を告げる。ところが牧野はエイプリルフールの冗談だと思い込んで取り合ってくれない。埒があかないと、牧野のもとへと向かうあゆみ。当の牧野は、美人キャビンアテンダントとイタリアンレストランで暢気にランチデート。“フロアで起きることは私の責任です”がモットーの責任感が強すぎる接客係とホラ吹きなオーナーシェフは、この後に起こる大事件を予期できるわけもなく、いつものようにテキパキと業務をこなしていた。そこへ、切羽詰ったあゆみが現われ、牧野に認知を迫るのだったが…。
≪ all cinema online より ≫


一応、主人公は戸田恵梨香、相手役は松坂桃李という体で進むけれど、それは同時進行する7エピソード中、このエピソードが一番登場人物も多く、長いから....
それぞれのエピソードは独立しているようで関連しているようで・・・というなか、いろいろな俳優がそれぞれのエピソードの核となる役を演じていて、印象的。
その中でも寺島進が特に印象的だった。

【鑑賞日:2015年4月3日(金)】

(続きを見る)


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 [映画 あ行]

◆ イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密 を観ました。
2015/3/13(金)公開
20150313_imitationgame_01.jpg


 第二次大戦時にドイツ軍が誇る史上最高の暗号機“エニグマ”の解読に挑み、連合軍の勝利とコンピュータの発明に貢献した実在の天才数学者アラン・チューリングの時代に翻弄された過酷な人生を映画化した感動の伝記ドラマ。天才でありながら社会性に乏しく、周囲から孤立してしまうチューリングが、彼の理解者となる女性と出会い心を通わせていく様を、エニグマ解読作業チームの奮闘を軸に、スリリングかつ感動的に描き出す。主演はTV「SHERLOCK(シャーロック)」、「スター・トレック イントゥ・ダークネス」のベネディクト・カンバーバッチ、共演に「プライドと偏見」のキーラ・ナイトレイ。監督は「ヘッドハンター」で世界的に注目されたノルウェーの俊英、モルテン・ティルドゥム。
 1939年。ドイツ軍と戦う連合軍にとって、敵の暗号機“エニグマ”の解読は勝利のために欠かせない最重要課題だった。しかしエニグマは、天文学的な組み合わせパターンを有しており、解読は事実上不可能といわれる史上最強の暗号機だった。そんな中、イギリスではMI6のもとにチェスのチャンピオンをはじめ様々な分野の精鋭が集められ、解読チームが組織される。その中に天才数学者アラン・チューリングの姿もあった。しかし彼は、共同作業に加わろうとせず、勝手に奇妙なマシンを作り始めてしまう。次第に孤立を深めていくチューリングだったが、クロスワードパズルの天才ジョーンがチームに加わると、彼女がチューリングの良き理解者となり、周囲との溝を埋めていく。やがて解読チームはまとまりを見せ始め、エニグマ解読まであと一歩のところまで迫っていくチューリングだったが…。
≪ all cinema online より ≫


時に想像しえない人物が偉業を成し遂げる。


これは面白かった! 観応えがあります。 お勧めです。

【鑑賞日:2015年3月14日(土)】

(続きを見る)


nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

イントゥ・ザ・ウッズ [映画 あ行]

◆ イントゥ・ザ・ウッズ  を観ました。
2015/3/14(土)公開
20150314_intothewoods_01.jpg
20150314_intothewoods_02.jpg


 シンデレラや赤ずきんなど童話の人気キャラクターたちが多数登場し、ハッピーエンドのその後の物語を描いて大ヒットした同名ブロードウェイ・ミュージカルを、ディズニーがメリル・ストリープ、エミリー・ブラント、アナ・ケンドリック、ジョニー・デップはじめ豪華スターの共演で実写映画化したミュージカル大作。監督は「シカゴ」「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉」のロブ・マーシャル。
 長年連れ添いながらも、子どもがいないことで危機を迎えていたパン屋の夫婦。ある日、子どもが授からない原因が魔女の呪いにあると知る。魔女は夫婦に、呪いを解きたければ、森の中から“ミルクのように真っ白な牛”(ジャックと豆の木)、“血のように赤いずきん”(赤ずきん)、“トウモロコシのように黄色い髪”(ラプンツェル)、“金色に輝く靴”(シンデレラ)を持ち帰れと告げる。夫婦は子どもを授かりたいという願いを叶えたい一心で、森の奥深くへと足を踏み入れていくが…。
≪ all cinema online より ≫



【鑑賞日:2015年3月14日(土)】

(続きを見る)


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

おみおくりの作法 [映画 あ行]

◆ おみおくりの作法 を観ました。
2015/1/24(土)公開
20150124_stilllife_01.jpg


 ヴェネチア国際映画祭をはじめ各地の映画祭で評判を呼んだイギリス・イタリア合作の感動ドラマ。ひとりきりで亡くなった人の葬儀を執り行う孤独で真面目な地方公務員を主人公に、彼が見ず知らずの故人の人生に誠心誠意向き合い、関係者を訪ねてイギリス各地を旅する中で自らの人生も見つめ直していく姿をユーモアとペーソスを織り交ぜ、切なくも心に沁み入る筆致で優しく綴る。主演は英国の実力派、エディ・マーサン。監督はイタリア出身で、「フル・モンティ」の製作などおもにプロデューサーとして活躍し、監督としてはこれが2作目のウベルト・パゾリーニ。
 ロンドンの民生委員、ジョン・メイ。彼の仕事は孤独死した人の身辺整理をして最後の旅立ちを見届けること。几帳面で真面目な彼は、どんな時でも故人への敬意を忘れることなく、誠実に仕事に取り組んでいた。そんなある日、彼のアパートの真向かいで、ビリー・ストークという老人が孤独死しているのが発見される。近所に住んでいながら、彼について何も知らなかったことに心を痛めるジョン・メイ。その矢先、彼はリストラの一環で解雇を言い渡され、図らずも、ビリー・ストークの案件が最後の仕事となる。そこで、最高の葬儀で故人を送り出そうと決意したジョン・メイは、ビリー・ストークを知る人々を訪ね歩いてその人生を紐解く旅に出るのだったが…。
≪ all cinema online より ≫


コレはノーマークだったんだけれど、評判を聞いて観に行ってきました。

【鑑賞日:2015年2月25日(水)】

(続きを見る)


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アメリカン・スナイパー [映画 あ行]

◆ アメリカン・スナイパー を観ました。(約2週間遅れで書いています。)
2015/2/21(土)公開
20150221_americansniper_01.jpg


 米海軍のエリート部隊“ネイビー・シールズ”の兵士としてイラク戦線で活躍した伝説の狙撃手クリス・カイルの回顧録『ネイビー・シールズ 最強の狙撃手』を、巨匠クリント・イーストウッド監督で映画化した戦争アクション。2003年のイラク戦争開始以後、4度にわたって戦場に赴き、仲間の命を守るために実に160人以上の敵を射殺した英雄の知られざる葛藤と苦悩の軌跡を、家族を愛しながらも戦場から離れがたくなっていく主人公の強い使命感と、それゆえに抱え込んでいく深い心の傷に焦点を当て、緊迫感あふれる筆致で描き出していく。主演は「世界にひとつのプレイブック」「アメリカン・ハッスル」のブラッドリー・クーパー、共演にシエナ・ミラー。
 2001年のアメリカ同時多発テロをテレビで目の当たりにした青年クリス・カイルは、祖国の人々を守るために貢献したいとの思いを強くし、ネイビー・シールズで狙撃手としての過酷な訓練に励んでいく。やがてイラクに出征したクリスは、その驚異的な狙撃の精度で味方の窮地を幾度も救っていく。仲間たちから“レジェンド”と賞賛される活躍をし、無事に帰国したクリス。これでようやく、愛する妻タヤと生まれたばかりの長男と共に平穏な日常を送れるかに思われたが…。
≪ all cinema online より ≫


重い映画だろうとは思っていたけれど、やっぱり重かった。
クリント・イーストウッド監督の映画は、音楽が印象的なことが多く、特にピアノの使い方がカッコイイ映画が多い印象なので、今回も勝手にそういうイメージで行ったら、全然そういう感じではなく、むしろ、音楽なんかほとんど印象に残らない重さと緊張感。
社会派の映画で、抒情性とかセンチメンタリズムとかそういうものから離れたところで厳しい現実を突き放したように描く意図なんだと思う。
エンドクレジットの間は一切の音楽が無いまま数分にわたり字幕だけがスクロールしていく....

【鑑賞日:2015年2月21日(土)】


今回は、かなりネタばれです。 (未見の方は観てからどうぞ....)

(続きを見る)


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画 あ行 ブログトップ