So-net無料ブログ作成
検索選択

すごくビックリしました。 [ドラマ]

amazonから「SPEC~翔~」 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿ディレクターズカット版 [DVD] の案内メールが来ました....

えっ[がく~(落胆した顔)]  見逃したのかぁ....[もうやだ~(悲しい顔)]とすごくドッキリしました。

放送日は未定のまま、先に広告を始めてしまうみたいです。

http://www.tbs.co.jp/spec2010/
http://www.tbs.co.jp/spec2010/news/spdrama.html  ← 「放送日:ひ・み・つ[るんるん]」の表示のまま。

なんて、人騒がせなんだ[ちっ(怒った顔)]


← DVD  ← Blu-ray


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ストロベリーナイト その2 [ドラマ]


ドラマは第3回まで放送。
初回スペシャル枠の第1回で1エピソード、第2-3回でもう1エピソード。
私としては、2つ目のエピソード(「右では殴らない」)の方が好き。
ドラマとしても(第1回よりも)きっちりでき上がってる気がした。

(続きを見る)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ハングリー!(フジテレビ…正確には関西テレビ) [ドラマ]

これも[るんるん]面白い[るんるん]  かなり好きなパターン
別にどうってこともないありがちなドラマだけれど、なんとなく観てて楽しい[るんるん]
[ぴかぴか(新しい)]瀧本美織ちゃん[ぴかぴか(新しい)]カワイイし.....



(続きを見る)


nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ストロベリーナイト(フジテレビ) [ドラマ]

うーーーーん、確かに面白いんだけれど.....
先週の第1回がちょっとグロ過ぎたからなぁ....


武田鉄矢がいい味出してる。

(続きを見る)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ラッキーセブン(フジテレビ) [ドラマ]

結構、面白かった。

大泉洋目当てで観るという、たぶん、とっても珍しいパターン[爆弾]で観たのだけれど、なかなか役者が揃っていて面白い
キャラクターがそれぞれ[ぴかぴか(新しい)]クセ者[ぴかぴか(新しい)]なのが良い[るんるん]

谷原章介は、第1回だけの友情出演かと思ってたら、そうではないらしい。 なんだか遊びが沢山あって楽しい感じ
それもこれも出演者が粒揃い・芸達者だからだと思う。
観て何かが残る類のドラマではなさそうだけれど、観て楽しいからそれでよい

(続きを見る)


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ステキな隠し撮り [ドラマ]

スペシャル・ドラマのステキな隠し撮りです。

お察しの通り、当然ながら、ステキな金縛りの宣伝用スペシャル・ドラマ(1回こっきり)で、封切りの土曜日の放送でしたから、何を今さら・・・なタイミングです。

出演者は、ほぼ、ステキな金縛りの出演者がほぼ全員(唐沢氏、フカキョン等、超出番の少なかったヒトを除く)です。

深津絵里のカクカクした once in a bluemoon[るんるん] の踊り[ぴかぴか(新しい)]↓が眼に焼き付いています[揺れるハート]
sutekaku_01.JPG
sutekaku_02.JPG
sutekaku_03.JPG
背中の乾布摩擦にしか見えんわ[exclamation×2]


(続きを見る)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

SPEC 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿 [ドラマ]

SPEC0001.JPGTBSドラマのSPEC は、ぜんぶ録画してあるのですが、その録画を改めて2日掛けて全部観てしまいました。

いやはや、面白い。よくできている。
突っ込みどころは、「ワザとのもの」と「そうじゃないもの」と両方とも山盛りありますが....

2順目に突入しようとしたらカミサンに白い眼で見られたので、ひとまずは抑えました。

SPEC については ココココ にも書いています。



(続きを見る)


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

外交官・黒田康作 その3(第4&5回) [ドラマ]

kurodakousaku_02.jpg外交官・黒田康作です。

メキシコ大使館に怒られたんですね.....
確かに、一方のお姫さまのローマの休日風東京お忍び旅で月島でもんじゃ食べるのには仮名を使ったのに、メキシコの方だけは実名だもんね....
途中から変えるわけにもいかないだろうけれど、脚本家・プロデューサー等の神経がいきわたらなかったか、サボったか。
TV局のホンネとして、こういう話題の呼び方は不本意なのか、結果的に話題になればカタチ・原因は問わないのか、どっちなんでしょう。
<<2011.7.4追記>> 恥ずかしながらアンドラ公国が実在の国とは知らず、てっきり架空の国名だと思ってました。 よーーく考えたら、かの 大泉洋 水曜どうでしょう ヨーロッパ21カ国完全制覇篇でも一瞬寄っていたので見知っていたはずなのにすっかり忘れていました。

しかし、アレ見て、ホントにあんな風だと誤解するヒトが実際いるんでしょうか?
メキシコって、ラテン系でもっと明るくて鷹揚だと思っていたけれど、意外と神経質・細かいなぁ...
映画とかでは、国名の実名って結構、ドンドン出ている気がするけれど、どういうのが良くて、どういうのが(どこからが)ダメなんでしょうかねぇ....
(今回のは、国としてのメキシコのイメージダウンよりも、組織・機関としてのメキシコ大使館ヒトの総称としてのメキシコ大使館員を具体的に指しちゃうし、その内容がアレだし....で、誹謗中傷だ、名誉棄損だ…となっちゃったのかな。)

映画と言えば、この外交官・黒田康作、今年の夏に映画になるそうです。
アマルフィ 女神の報酬 があり、その続編というふれこみなので、映画化第2弾ですね。
今度の舞台はスペインだそうです。
アマルフィのラストで、海岸で天海祐希と話すシーンで、今度は南米(中米だったかな?)に行くと言ってたから、時間的に直ぐ繋がった話ではないんじゃないかと思うけれど。。。。

アマルフィの時は、初の全編イタリアロケがウリだったので、今度は初の全編スペインロケがウリでしょうか。。。。

まぁ、売り方はどうでもいいですが、ともかく、このドラマは映画の壮大な宣伝という位置付けですね。
ガリレオと同じパターンだ。 そういえば、アレも柴咲コウだったなぁ。。。。


さて、ドラマですが、段々と突っ込みどころが幾何級数的に増えて来ている気がする。
(面倒なので、イチイチ指摘しませんが。)
作りが雑になって来ているようで、誠に残念な気がします。
約46分×10本≒7.7時間分の全編に神経を行き渡らせるのはそうとうしんどいんでしょうねぇ。

-*-*-<2011.2.11追記>-*-*-
冒頭にあらすじ要約のナレーション付くようになったんですね。
前回はメキシコ大使館へのお詫びをインサートするための臨時の尺の調整のためかと思ったら、今回もあった。
なんか、ちょっと昭和っぽい
同じ木曜劇場枠で不毛地帯をやっていた時はたぶんワザと昭和の雰囲気を出していたし、ワザとものすごく肩に力の入ったクサい芝居をしていた(そういう演出意図で。 何の意味があるのか私には理解できないが、好みはヒトそれぞれなので議論しても意味がない)と思っていたけれど、なんか急にそれに近いものを感じてしまいました。
そもそも「木曜劇場」と冠していること自体、最初から違和感(=昭和の匂い)を感じている
TV局にとっては伝統ある枠かも知れないが、観てる人間からすると、月9と同様に木10に過ぎないけどねぇ....


外交官 黒田康作 DVD-BOX

外交官 黒田康作 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD

外交官・黒田康作 オリジナル・サウンドトラック

外交官・黒田康作 オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: TVサントラ
  • 出版社/メーカー: SMJ
  • 発売日: 2011/03/09
  • メディア: CD

外交官 黒田康作の秘密

外交官 黒田康作の秘密

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2011/03/05
  • メディア: 単行本

天使の報酬

天使の報酬

  • 作者: 真保 裕一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/12/21
  • メディア: 単行本
  ↑原作小説です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

外交官・黒田康作 その2(第3回まで) [ドラマ]

kurodakousaku_02.jpg外交官・黒田康作です。

意外と展開が早くて、まぁまぁ面白い。
やはり、あんまり深く考えないで見ないとダメですね。
やはり、フジテレビのドラマだからねぇ....








観上副大臣の、「オンナは理由がなくてもウソをつけるのよ」ってセリフ、意味ありげな言い方したけれど、別に深い意味ないし、流れに収まり悪いし。。。。(コレ、意味の無さでは真矢みきの「事件は会議室で起きているの!」と並ぶなぁ...)

どうせ霜村は「来たら死んでたので、自分は見つかってはマズイし、逃げた」とか、ドラマの世界ではありがちなシチュエーションだった...というハナシなんでしょうけれど、黒田はなにも判明していないのに、霜村が殺人者である証拠が出たかのように「あのヒトの周囲でもう4人も死んだ。あのヒトは俺の知っている霜村さんじゃない!!」とか、決めつけている。 この短絡的なキャラって、設定上の黒田のキャラとは違うと思うんだけれど。。。。(少なくとも、アマルフィの黒田ならこうはならない。。。。  これ、明らかに(翌週の視聴率up のため)予告編にそのセリフが欲しくてやってるんだと思うけれど、後でストーリーの足枷にならないんですかね。)
・・・なんて大人じゃないことを言ってはいけないんだと思います、たぶんね。

外交官 黒田康作 (織田裕二 出演) [DVD]

外交官 黒田康作 (織田裕二 出演) [DVD]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD

(仮)フジテレビ系ドラマ「外交官・黒田康作」オリジナル・サウンドトラック

(仮)フジテレビ系ドラマ「外交官・黒田康作」オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: 菅野祐悟
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2011/03/02
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

外交官・黒田康作 [ドラマ]

kurodakousaku_02.jpg外交官・黒田康作 が始まりました。

いまのところ、まぁまぁ面白いです。
ちょっと、いろいろと散りばめられているタネ・伏線の類の置き方がわかり易過ぎるんじゃないか、コレだと「あ!そういうことだったのか....」という驚きは何もないかも…という気はします。(何しろ初回なので、まだ播かれただけでどうなるか分からないタネが多いけれど、少なくとも「ココは覚えとけ!ってトコロね」というのは分かります。)
たぶん、あんまり深く考えないで見ていると面白いんではないか...という気がします。

始めのテロリストが警備員をトイレに転がしてout of order という紙をガムテープでドアに貼って立ち去るところ、気絶させるわけでもなく、口にガムテープ貼って手錠で繋いだだけってナニ??? アチコチ蹴飛ばしたり大騒ぎして、直ぐにすり替わりがバレるに決まってるぢゃないか、あまりに安易だろう....と思ってたら、それは元々仕込みだった=バレたらバレたで構わないということだった、ということです。
真剣に「謎を解こう」なんて感じに構えて見ちゃ、いやーよ、ってことなんだろうなと感じました。


(続きを読む)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ