So-net無料ブログ作成

ザ・マミー 呪われた砂漠の王女 [映画 さ行]

◆ ザ・マミー 呪われた砂漠の王女 
2017/7/28(金)公開
20170728_themummy_03.JPG

 ユニバーサル・スタジオが同社の誇るクラシック・モンスターたちを豪華キャストとスタッフで甦らせる一大プロジェクト“ダーク・ユニバース”の記念すべき第一弾として、1932年の「ミイラ再生」を1999年の「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」に続いて、今度はトム・クルーズを主演に迎えてリブートしたアドベンチャー・ホラー大作。砂漠の地下深くに封印された邪悪な“王女”の恐るべき復活劇を壮大なスケールで描き出す。共演はアナベル・ウォーリス、ソフィア・ブテラ、ラッセル・クロウ。監督は「M:i:III」「スター・トレック」など数々のヒット作の脚本や製作を務めてきたアレックス・カーツマン。長編の監督としては本作が2作目となる。
 貴重な遺物の横流しに手を染める米軍関係者のニック・モートンは、激しい戦闘の続く中東で、地中に埋もれていた古代の遺跡を偶然発見する。それは何世紀も昔に、この世への激しい憎しみを抱えたままミイラとなった王女アマネットの墓だった。さっそく考古学者のジェニー・ハルジーと棺の調査に乗り出したニックだったが、気づかぬ間に封印されていたアマネットの呪いを解放してしまう。やがて棺をイギリスへと輸送するため一緒に飛行機に乗り込んだニックとジェニーだったが…。
≪ all cinema online より ≫


これも約1か月前、映画「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」を観た。
1932年公開の「ミイラ再生」の3回目のリブート。(2回目のリブートが「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」)
なかなか面白かったが、ジキル博士登場とか、「伏線敷いているのが視え視えの部分」は如何なものかと思わないでもない(ストーリー上の制約になっている気がする)。
トム・クルーズの新しいシリーズになるかも.....みたいな言われ方も見掛けるけれども、ユニバーサル映画が「ダーク・ユニバース」シリーズと銘打って、『MARVEL映画的連作映画シリーズ』の「3匹目の泥鰌(※)」を狙ったモノの1本目が(たまたま)トム・クルーズのミイラ映画なだけであって、別段「彼のシリーズ」ではない。
ラッセル・クロウがジキル博士に扮して登場していて、今後のシリーズ全体の狂言回しを務めるらしい。半魚人らしきものとか、変なものがチラチラ映っていた。
この後、「フランケンシュタインの花嫁のリブート」が続くらしく、『透明人間』にジョニー・デップ、『フランケンシュタイン』にはハビエル・バルデムが決定しているらしい。
・・・なので、いずれ、トム・クルーズとラッセル・クロウとジョニー・デップとハビエル・バルデムが共演するシーンも観られるのだろう.....
こういうシリーズは、準備期間、撮影期間、ポストプロダクションの期間とそれなりに時間が掛かるので、1年毎か1.5年毎に話が進む感じになって、最近、徐々に興味を持続できなくなってきつつある。飽きてきているのかも知れない....
※2匹目は、「バットマン vs スーパーマン」「スーサイド・スクワッド」「ワンダーウーマン」等の「DCエクステンデッド・ユニバース」シリーズ。
みんな投資額が大きいからバクチして外すのが嫌でこういう路線に走っているけれど、みんながやっちゃうと飽きられるのが早くなると思う。

【鑑賞日:2017年7月28日(金)】

(続きを見る)


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ビニー/信じる男 [映画 は行]

◆ ビニー/信じる男 
2017/7/21(金)公開
20170721_BleedforThis_01.JPG

 「セッション」のマイルズ・テラーが、交通事故で選手生命の危機に直面しながらも不屈の闘志で奇跡のカムバックを果たした伝説のボクサー、ビニー・パジェンサを演じるボクシング伝記ドラマ。共演はアーロン・エッカート。監督は「マネー・ゲーム」のベン・ヤンガー。
 スーパーライト級チャンピオンのロジャー・メイウェザーに完敗を喫し、プロモーターからも引退勧告されたビニー・パジェンサ。これを機に、飲んだくれだが名伯楽の呼び声高いケビン・ルーニーをトレーナーに迎える。そしてみごと世界ジュニアミドル級タイトルを獲得する。だがその直後、正面衝突事故に遭い、首の骨を折る重傷を負ってしまう。再び歩けるようになるかさえ医者も保証できず、家族をはじめ誰もが選手生命は終わったと思っていた。そんな中、ただ一人リングに戻ることを諦めず、ケビンを説得して密かにトレーニングを再開するビニーだったが…。
≪ all cinema online より ≫


観たのはもう1か月前の話になるけれど、「ビニー、信じる男」を観た。
予告編を観れば筋立てはすぐにわかる。ボクシングのチャンピオンになった矢先に自動車事故で首を骨折という重傷を負い、当然、選手生命は断たれたかと誰もが思うところ、独り、再起を信じ、リハビリを始め、返り咲く男の驚異の実話。
主人公は、セッションで有名になったマイルス・デイビスだけれど、私はセッションは観ていない。この映画で初めて見たけれど、役作りの体重コントロールも筋肉作りもリハビリシーン等もきつかったと思うが、とてもよくやっていたと思う。
アーロン・エッカートが、中年というには歳を喰った役で、毛を抜いたのかカツラかよくわからないが、毛が薄くなったトレイナー役を好演。今までのイメージとはだいぶ違う(外見は)。 
キアラン・ハインズが、興行内容にもガンガン口を出す主人公の父親役でこれも好演。

【鑑賞日:2017年7月22日(土)】

(続きを見る)


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

コード・ブルー1stシーズン再放送 Twitter 2017/08/06 [Twitter]


nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ